【イメージアップ戦略】イメージアップ戦略の必要性21ー旧態業種でもイメージアップで新顧客獲得!

企業の問題解決にはイメージアップ戦略、視覚的事業計画が有効です。

 

前回、コインランドリーに関してお話しましたが、この内容はどの業界にも通じることではないでしょうか!

 

現代社会でこれまで見たこのとのない、全く新しいものを生み出すことはかなり困難です。

 

奇をてらった見たことない商品、サービス、店舗を生み出すより、現在あるものを更に良くする、興味を惹くものにする、今あるイメージを一新する等、イメージアップ戦略を考えて行くことの方が成功への道が見えてくるのではないでしょうか。

 

例えば、鍼灸治療。

 

体には良さそうだけど、ちょっと怖い、痛い、熱い・・・特に、若い女性にはプラスのイメージは多くないはず。

 

でも、実際、鍼灸師は国家資格ですから、町中によくある「もみほぐし」や「リラクゼーション」という類のモノより技術的には信頼がおけるのです。

 

ここ数年、鍼灸院の中でイメージ一新をはかったところは、ぐんぐん新規顧客を獲得してきています。

 

治療空間、治療に使う道具、治療師のユニフォーム等のイメージアップ、またホームページのデザインもまるでエステサロンのようです。

 

今は、美容鍼というものもあり、美意識の高い女性や見た目が大事な営業マンの男性にも好評です。

 

決して先進的でない、日本に古くからある業種でも、イメージアップすることで新たな顧客を獲得することは可能、さらにマーケットを広げて行くことも・・。

 

イメージアップ戦略は、侮れません!

0fcb678c75ceb9bac71bb5819b8b3323_s

d277189250730f66cf66ff7afabb5d86_s

【イメージアップ戦略セミナー:毎月火曜日開催】 

月28日(火)

「イメージアップで集客アップ ―イメージアップ戦略とは?」

月26日(火)

「イメージアップで集客アップ ―女性消費者の購買心理編」

月23日(火)

「イメージアップで集客アップ ―VMD 店舗への引き寄せディスプレイ編」

「人間は、行動の約87%を視覚からの刺激や情報によって判断する」と言われています。

「こっちへ行ってみよう」

「この店に入ってみよう」

「これを買おう」

これらの行動は、視覚によることが多いのです。

そして、特にその視覚の中でも最も速く脳に到達するのが、「色」ある調査会社の報告では、商品や店舗を選ぶ時に「色が、優先順位1位」と答えた人は約75%。

また、「ブランド認知度を上げる要因は色」と答えた人は約80%でした。

つまり、ビジネス現場で「色」を活用すれば、業績アップ、売上アップにつながること間違いなしなのです。

あなたの会社、店舗はお客様にどう映っているのでしょう?

どんなイメージを持たれているでしょう?

商品、サービスの内容がキチンと伝わる、そんな見た目、イメージが伝わっているでしょうか?

外から見た店のイメージ、看板から受けるイメージが店に入ってみると、 「アレ?全然違う」 「この店にこんなユニフォーム?」 「思ったより安っぽいな~等々」。

そんなことが知らず知らずのうちお客様の足を遠のかせているかも知れません。

このセミナーではイメージ戦略が企業の業績にどう関わっているのか、どんな戦略を練っていけば良いのか等、事例を挙げながら説明していきます。

《福岡イメージアップ戦略室へのお問い合わせ》

(092)260-7355