【イメージアップ戦略】イメージアップ戦略の必要性41-自社の強みとは何か?もう一度自社を第三者的に見つめてみてください!

まずは、聞いてください!
企業の問題解決にはイメージアップ戦略、視覚的事業計画が有効です。
イメージアップ戦略室にご相談いただく前に、何を改善するべきか、事前チェック!

1 企業コンセプト
2 強みは何か
3 業務に対するメインターゲット
4 目標、達成したい事
5 達成した先の展開

1~3は今、現在のことです。
4、5は未来へ向けて。

2「強みは何か?」についてお話します。

強みを考える時、お客様目線を忘れてしまう企業が少なくありません。

企業にとって強みと思っていることが、お客様には全然関係ないことだったり、全く強みでなかったりします。

また、その逆で弱みと思っていることが強みに変わることもあります。

例えば、古い建物に入っているカフェ。

こんな建物の中ではカフェも古く見えて、時代遅れになるのでは?と思い、最新のビルに移転。

しかし、ここ数年は古民家再生やレトロなものが、多くの人に注目されるようになり、古き良き日本のイメージとして、海外の観光客を惹きつけるようになる場合もあります。

最新の商業施設に入り、集客アップ、売上アップができたと思っていても、高い家賃、管理費、維持費などで、経費も上がり、結果として利益率が上がらないこともあります。

ですから、安直に強み、弱みと決めずに、角度、視点を変えて、第三者的に自社を見ることが大事です。

イメージアップ戦略には、多くの知識、情報も必須!

まずは動いて、社会の動きを見てみませんか?

5144822a78cac5019a42387f93591d74_s

福岡イメージアップ戦略室へご相談ください。

《福岡イメージアップ戦略室へのお問い合わせ》
(092)260-7355