【イメージアップ戦略】空間の見せ方で広さを演出・・・結果、企業イメージにつながる!

とある地方銀行のフロアです。

シックな色合いで落ち着きのある空間。

座ってみてハッとしました。

広い、いや、広く見えるだけ??

そう、広く見えるだけで、実際は決して広くないスペースなんです。

IMG_8771

ですが、広く見せているのは、このカーペットの色合いと柄(線の方向)でした。

何気ないカーペットのようで、椅子や内装の色合いがマッチし、ムダな色がなく、また同系の色で、濃淡を上手につけ、奥へ繋がる方向へ伸びていく柄。

この柄の方向が、もし、縦ではなく、横だったら、奥行きを感じられず、奥へ抜ける感覚も失われ、今の見え方の半分の広さしか感じられないでしょう。

チョッとしたことのようで、実は大きく企業イメージを作ります。

やはり、広々とした(眼の錯覚であっても)空間を持っている企業は・・

業績が良い?
余裕がある?
信頼できるのでは?

そう、空間演出が企業のイメージアップへ繋がるのです。

 

《福岡イメージアップ戦略室へのお問い合わせ》

(092)260-7355