【イメージアップ戦略・外装編】外装のイメージは業績にどのような変化をもたらすでしょうか?

飲食店の中でも、路面店(車で訪れる方が多い店)の場合は、外装が集客のカギとなります。

 

イタリアンレストランで有名なこの店は、車で走っていても周辺視野の中に入り込んでくる外装です。

 

14091716786_0000001180_2

head_pepe_minoshima

 

レンガ色にイタリアングリーンの外装はメニューを見なくても内容を想像できます。

 

先日、いつものようにここを通ったら・・・外装の色が変わっていました。

IMG_9065

FullSizeRender

 

レンガ色一色だった壁が黄色と白に塗り分けられ、車からでもハッキリ認識できました。

 

多店舗展開していますし、店名、ロゴマークはそのままなので、大きくメニューや内装、業態が変わったわけではなさそうですが・・・チョッと驚きました。

 

この配色がパスタやピザを想像させないわけではありませんが、パン?ケーキ?美容室?とも言えなくはない。

 

これだけの面積を塗り替えるとなると、周囲の印象も多少でも変化を感じます。

 

外装のイメージは業績にどのような変化をもたらすでしょうか?

 

オーナーやスタッフは見慣れたモノから新しいモノになって新鮮さを感じ高評価しているかもしれませんが、消費者がその新鮮さを必ずしもプラスに受け止めるかどうかわかりません。

 

レンガ色とグリーン、白と黄色・・・この配色を比べると食欲が湧くのは?イタリアを感じさせるのは?
さぁ、あなたはどう思いますか?

 

ビジュアルで作る経営戦略セミナー】 1月26日

見た目を変えたら業績がアップする!

~あなたの会社のイメージアップ戦略を考えたことがありますか?~

「人間は、行動の約87%を視覚からの刺激や情報によって判断する」と言われています。

「こっちへ行ってみよう」

「この店に入ってみよう」

「これを買おう」

これらの行動は、視覚によることが多いのです。

そして、特にその視覚の中でも最も速く脳に到達するのが、「色」ある調査会社の報告では、商品や店舗を選ぶ時に「色が、優先順位1位」と答えた人は約75%。

また、「ブランド認知度を上げる要因は色」と答えた人は約80%でした。

つまり、ビジネス現場で「色」を活用すれば、業績アップ、売上アップにつながること間違いなしなのです。

あなたの会社、店舗はお客様にどう映っているのでしょう?

どんなイメージを持たれているでしょう?

商品、サービスの内容がキチンと伝わる、そんな見た目、イメージが伝わっているでしょうか?

外から見た店のイメージ、看板から受けるイメージが店に入ってみると、 「アレ?全然違う」 「この店にこんなユニフォーム?」 「思ったより安っぽいな~等々」。

そんなことが知らず知らずのうちお客様の足を遠のかせているかも知れません。

このセミナーではイメージ戦略が企業の業績にどう関わっているのか、どんな戦略を練っていけば良いのか等、事例を挙げながら説明していきます。

日 時 平成28年1月26日(火)16時~18時

場 所 中央区天神4丁目8―1 天神北 都久志会館 501号会議室

参加費 3,000円(税込) 当日お支払いください

講 師 福岡イメージアップ戦略室 代表 桑野優子

《福岡イメージアップ戦略室へのお問い合わせ》

(092)260-7355